閉じる

ニュース・フラッシュ

2009年4月4日 ジャカルタ 小岩孝二

インドネシア:貿易信用状取得義務適用始まる

 4月1日より鉱業製品、パーム油等の輸出において貿易信用状(Letter of Credit:L/C)取得義務の適用が始まった。当該義務を定めた大臣規定施行時(3月5日)において有効である輸出契約に基づく輸出については、2009年8月31日まで商業大臣にL/C利用義務猶予を求めることができるとされている。地元紙によると、同省外国貿易総局長は4月1日、約15件の猶予を認めているが9月1日以降の猶予は一切認められないと述べている。Batu Hijiau銅・金山を所有するPT Newmont Nusa Tenggara社は、国際協力銀行(JBIC)及びドイツ復興金融公庫(KfW)からプロジェクト・ファイナンスを受けており、同ファイナンス契約に基づき精鉱輸出代金は国外口座へ入金されていること等から適用除外を要望しているが、現在までのところ認められていない。

ページトップへ