閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2009年4月7日 シドニー 原田富雄

豪・中:中国アルミ業公司(Chinalco)、Rio Tinto買収資金として低利での融資を受ける

 中国アルミ業公司(Chinalco)は、政府系銀行である中国開発銀行、中国輸出入銀行、中国農業銀行および中国銀行から、非常に低利の貸出金利での融資保証を得た。融資額の195億US$(286億A$)は、Rio Tintoへの増資を支援するためのもので、貸出金利は、基準となるロンドンのユーロ市場における主要銀行間の貸出レート(LIBOR: London Inter-bank Offered Rate)でいう90 basis points (0.9%)となっており、これは主要な豪州企業に対する適用が金利よりも低くなっている(例えば、豪州最大のスーパーマーケットであるWoolworths社は220 basis points (2.2%))。
 なお、実際に貸出しが行われるためには、Rio Tintoへの増資が豪州外国投資審査委員会(FIRB)による承認される必要があるとしている。

ページトップへ