閉じる

ニュース・フラッシュ

2009年4月13日 バンクーバー 大野隆幸

加:Teck社、Kinross社株売却で負債軽減

 Teck社は2009年4月8日のニュースリリースで、Kinross Gold社(以下、Kinross社)の普通株約5.6百万株を売却し、売却益約101百万US$を調達すると発表。これは、チリのLobo Marte鉱山に係る60%の権益を売却して得た資金により2009年1月に取得したもので、1株当たりの売却価格は18US$。
 この背景には、2008年秋のFording Coal Trust社買収により、結果的に大きな負債を抱えることとなったことによる財務体質の改善が急務となっていることが挙げられる。そのため、現在、資産売却や負債の借換計画を発表しており、今回のKinross社株売却もその計画の一環として行われたもの。

ページトップへ