閉じる

ニュース・フラッシュ

2009年4月14日 シドニー 増田一夫

豪:Iluka Resources社はジルコン生産量を削減

 2009年4月7日、世界最大のジルコン生産者であるIluka Resources(本社:豪・Perth、以下、Iluka)は、需要の落込みにより、2009年の生産計画量をジルコンが20%削減の350,000t、ルチルが20%削減の230,000t、人工ルチル生産量が10%削減の400,000tと下方修正した。
 Ilukaは2009年2月に2009年生産計画を発表していたが、2009年Q1の生産量は190,000t(2008年Q1生産量441,533t)と計画を大幅に下回った。2009年の生産計画の下方修正に伴い、WA州の操業を縮小する。ジルコン及びルチルの減産は、Eneabba鉱山の操業規模縮小、Murray Basin地域Echo鉱山の開発延期及びCapal処理施設の廃止により、この結果135名の雇用削減が行われる。人工ルチルについては、WA州のキルン炉1系列の停止により23名の人員が削減される。

ページトップへ