閉じる

ニュース・フラッシュ

2009年4月21日 サンティアゴ 菱田 元

チリ:CODELCO El Tenienteが発電システム増強プロジェクトのEIAを提出

 4月16日付け地元紙等によると、CODELCOはチリ第Ⅵ州El Tenienteの発電システム増強プロジェクトについての環境影響評価書(EIA)を環境委員会Conamaに提出した。EIAによると、“鉱山電力システムの改善”と呼ばれ、投資額81百万US$の同プロジェクトは、Minero変電所とSewell変電所を結ぶことにより、El Tenienteの発電設備を増強するもので、10km送電線の敷設、Minero変電所の拡張、Sewell変電所の建設、配電及びScada指令システムの拡張が含まれる。
 建設開始は、2010年下期、操業開始2012年下期と見込まれ、El Tenienteの2008年銅生産量は381,000tであり、CODELCO Norteの755,000tに次ぐ。

ページトップへ