閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2009年4月21日 サンティアゴ 大野克久

アルゼンチン:Aquiline社、Navidadの銀・鉛資源量を更新

 4月16日付け地元紙等によると、Aquiline Resources社(本社:加・Toronto)はアルゼンチンChubut州のNavidadプロジェクトの資源量を更新した。精測・概測鉱物資源量として155百万t、品位 Ag 127g/t(金属量 19,700t)、Pb 0.85%(同 1,326千t)、予測鉱物資源量として45.9百万t、品位 Ag 81g/t(同 3,700t)、Pb 0.75%(同 270千t)と発表した。
 今回の資源量の更新は探鉱ボーリング810孔の内、Valle Esperanza新鉱化帯に実施したボーリング結果に基づく。Aquiline社によると、確認された鉱化作用による鉱床モデルから今後、鉱量及び品位が増加することが期待されるとのこと。Aquiline社はこの他、アルゼンチンのCalcatreu(金)、ペルーのPico Machay(鉄)両探鉱プロジェクトを有する。

ページトップへ