閉じる

ニュース・フラッシュ

2009年4月21日 シドニー 原田富雄

豪:Kagara社、子会社の上場で負債を返済

 Kagara社(本社: 豪Perth)は、50百万A$に及ぶ負債の返済期限が2009年6月にせまっているが、QLD州での金プロジェクトを手掛ける子会社 Mungana Goldmines社を上場させることにより得られる資金を活用し、返済に充てるとしている。上場は2009年6月下旬~7月に予想されており、Goldman Sachs JBWは、上場により得られる資金を400百万A$と試算するが、Kagara社は150~200百万A$とそれより低めに見積もっている。
 2009年4月1日、Kagara社は、Mungana金・銅鉱山における資源量を46百万t(品位 Au 0.76g/t、Ag 10g/t、Cu 0.22%)と推定し、露天掘対象鉱量は3.2百万t(品位 Au 1.58g/t、Ag 54g/t、Cu 0.48%)と発表している。

ページトップへ