閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2009年4月21日 シドニー 原田富雄

豪・中国:中国第2のニッケル生産者Jilin HOROCがMetallica Minerals社の筆頭株主となる

 2009年4月16日、QLD州でニッケル・コバルト・プロジェクトを手掛けるジュニア企業のMetallica Minerals社(本社: QLD州Brisbane)は、中国第2位のニッケル生産者のJilin HOROC Nonferrous Metal Group(吉林昊融有色金属集団公司) の豪州子会社であるJien Mining社が筆頭株主になったと発表した。
  Jien Miningは、Metallica Minerals社の約3.25百万株を保有していたが、これまでMetallica Mineralsの筆頭株主であったKagara社が保有株式の売却に応じたことから、その保有株式の14百万株を購入した。これによりJien MiningはMetallica Mineralsの15.06%を保有することになった。
 Jilin HOROC Nonferrous Metal Groupは、世界最大の硫酸ニッケル生産者で、硫酸ニッケルの他にニッケル・マット、電解ニッケル、水酸化ニッケル、塩化ニッケル、硫酸銅、銅精鉱、硫酸を製造している。また、同時にニッケル・コバルト鉱山開発に興味を示してきており、Metallica Mineralsの株式購入は同社の所有する鉱山に焦点を当てた行動と見られる。

ページトップへ