閉じる

ニュース・フラッシュ

2009年5月5日 リマ 山内英生

ペルー:2009年3月鉱産物生産量

 エネルギー鉱山省によると、ペルーの2009年3月の鉱物生産量は、前年同期比で銀が9.78%、金が8.77%の増産となった一方で、その他の鉱種は減産となった。金の増産には、Minera Yanacocha社が29%増となったことが大きく寄与している。一方、銅は主要鉱山のAntaminaが-7.26%、Cero Verdeが-6.55%とそれぞれ減産となった。また、Southern Copper社ではToquepala鉱山が-9.92%の減産に対し、Cuajone鉱山が+3.98%の増産となった。亜鉛は、El Brocal社の-29.81%減産、Iscaycruz鉱山の操業停止などがあった一方で、Cerro de Pasco鉱山などを操業するVolcan社やAntamina鉱山の増産により-9.73%の減産に留まった。

 鉱種

 単位

 3月

Q1(1~3月)

2008

2009

伸び率

2008

2009

伸び率

 銅

 t

105,875

104,462

-1.33%

290,987

308,942

6.17%

 金

 g

14,379,130

15,639,825

8.77%

43,519,968

43,512,882

-0.02%

 亜鉛

 t

131,620

118,817

-9.73%

381,043

369,150

-3.12%

 銀

 kg

290,130

318,494

9.78%

840,432

930,899

10.76%

 鉛

 t

27,508

25,405

-7.65%

81,929

76,646

-6.45%

 鉄鉱石

 t

535,376

350,827

-34.47%

1,298,558

1,011,901

-22.07%

 錫

 t

3,435

3,023

-12.01%

9,676

9,015

-6.83%

 モリブデン

 t

1,555

910

-41.5%

4,144

3,232

-22.00%

ページトップへ