閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2009年5月12日 サンティアゴ 菱田 元

チリ:CODELCO、Inca de Oro銅鉱床探鉱に2.3百万US$を投資

 5月8日付け地元紙等によると、CODELCOはInca del Oro銅鉱床探鉱プロジェクト(チリ第Ⅲ州、2年間の投資額2.3百万US$)の環境影響評価(EIS)をConama(環境委員会)に提出した。このEISによると、第1フェーズで20孔;計6,000m、第2フェーズで35孔;計10,000mの合計16,000mの探鉱ボーリングを実施する。Inca del Oro銅鉱床開発についてCODELCOは、2011年に閉山が計画されているSalvadorディビジョン(2008年産銅量43千t)の操業延長の一つの方策になり得るとしている。
 CODELCOは、当初Inca del Oroの鉱床規模(資源量345百万t、品位 Cu 0.47%、銀、モリブデンを含む)がCODELCOの基準を下回るとの判断から売却を検討したが、2008年7月に実施した入札で落札者が決まらなかった経緯がある。その後、CODELCOはSalvadorの閉山対策も考慮しつつ同プロジェクトを見直し、鉱床規模が期待できるものとして探鉱継続を決定した。

ページトップへ