閉じる

ニュース・フラッシュ

2009年5月12日 サンティアゴ 大野克久

チリ:CODELCO、保有埋蔵量が20%増大

 5月7日付け一般紙等によると、CODELCOは最新の探鉱結果によりCODELCO Norte及びAndinaの両ディビジョンにおける埋蔵量(確定+推定)がそれぞれ26%及び48%増加したこと等に伴い、CODELCO全体として埋蔵量(確定+推定)が20%拡大したと発表した。
 特に、Andina銅山南方で、銅及びモリブデン品位が高い新鉱床が地表及び坑内ボーリング探鉱で発見され、El Americanoプロジェクトと命名されている。未だ初期探鉱段階にあり、鉱床規模把握には至っていないが、今後の探鉱進捗に伴う鉱量拡大が期待されている。同鉱床はかなり深部に胚胎し地表は氷河に覆われていることから、採掘に伴う困難が予想され、鉱山開発についての決定はまだ先のこととなる。

 

 埋蔵量(億t)

 品位 Cu (%)

 銅量(百万t)

 確定埋蔵量

27.0 

0.89 

24.0 

 推定埋蔵量

39.8 

0.71 

28.6 

 埋蔵量(確定+推定)

66.8 

0.78 

52.6 

※新聞紙上等では、埋蔵量(確定+推定)は54.6百万tだが、計算が合わないので修正した

ページトップへ