閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2009年5月16日 シドニー 増田一夫

PNG:Ramuニッケル開発プロジェクト、暴動で一時中断していた処理施設建設工事は7日ぶりに再開

 2009年5月8日、PNGにおけるRamuニッケル開発プロジェクトのBasamuk処理施設建設現場で地元労働者と中国人労働者の間に発生した暴動事件により、建設工事が一時中断していたが、2009年5月15日に再開された。
 暴動事件は、地元労働者の中国人労働者に対する誤解が原因で発生したとみられており、車両や建物の損壊や中国人労働者が負傷をするなどして、約70名が逮捕された。PNG副首相Dr.Puka Temu は、中国政府、Ramuを操業する中国冶金建設集団公司(China Metallurgical Construction Group Corp)及び全ての関係者に対し謝罪し、地元ではPNGの伝統的和解行事が催された。

ページトップへ