閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2009年5月19日 シドニー 原田富雄

豪:BHP Billiton、WA州Leinsterニッケル鉱山を一時閉鎖

 BHP Billitonは、世界的なニッケル価格の低迷によりWA州のLeinsterニッケル鉱山を操業停止すると発表した。これに伴い240名の労働者(直轄20名、請負220名)が職を失った。BHP Billitonは、中国市場にニッケル銑鉄(Nickel Pig Iron)を安価で供給する事業者の出現によりニッケル鉱山の競争力が奪われたとしている。同鉱山の停止は一時的なもので、ニッケル価格が上昇すれば生産を再開するとしているが、今回の決定が、WA州のRavensthorpeニッケル鉱山を閉鎖、1,800名の鉱山労働者の解雇を発表してから丁度4か月後に当たり、WA州の雇用に暗い影を落としている。
 2008年の中頃以降から既に3,000名もの労働者が解雇されているうえ、2009年3月には、Rio TintoもWA州のKwinana HIsmelt Pig Ironプラントにおいて100名の解雇を行っている。
 WA州では、銀行業界、食肉業界でも労働者の失業が続いており、失業率は6か月前の2.3%から4.5%とほぼ倍に上昇している。

ページトップへ