閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2009年6月1日 メキシコ 小島和浩

メキシコ:San Jose金・銀探鉱プロジェクト、探鉱活動再開

 Fortuna Silver Mines Inc.(本社:加は反対派グループによる道路封鎖が解除しVancouver)は、メキシコ・Oaxaca州に保有するSan Jose金・銀探鉱プロジェクトを再開したと5月25日付け同社HPに発表した。同プロジェクトは州都Oaxaca市の南方約47kmに位置する。鉱床は低硫化系浅熱水性鉱脈鉱床であり、現時点の概測資源量は1.471百万t(平均品位Ag 262.6g/t、Au 2.19g/t)、予測資源量は3.898百万t(平均品位Ag 260.6g/t、Au 2.57g/t)と評価されている。同HPの発表の概要は以下のとおり。
 同プロジェクトは、2009年4月中旬から(鉱山開発反対グル-プによる道路封鎖により)探鉱活動の中断を余儀なくされていたが、5月6日に連邦及び州警察の介入により封鎖は解除された。同社及び地方当局は、反対グル-プの探鉱開発に関する不安を対話により解消した。同社は、SERMANAT (環境天然資源省)から同プロジェクトに関する環境影響評価報告の認可を取得済みであり、さらに鉱山設備の設置用地45haの借地権契約を”ejido(エヒド:共有農地)所有者と署名した。同プロジェクトは坑内掘(採掘量:1,500t/日)及び浮遊選鉱によって金・銀精鉱を生産する予定であり、露天掘と青化法は採用しない開発計画となっている。

ページトップへ