閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ニッケル ベースメタル レアメタル
2009年6月2日 北京 土屋春明

ザンビア:中国・金川集団公司、2009年末までにザンビアのニッケル鉱山再開発へ

 安泰科によれば、ザンビア政府は、2009年末までにMunaliニッケル鉱山への新たな投資企業を選ぶ計画である。鉱業発展省の高官の話によると、ザンビア政府は本鉱山に興味を持つ企業数社と既に商談を行い、投資企業はQ3期末には選ばれる。
 Munali鉱床は、ザンビアの唯一のニッケル鉱山である。確定埋蔵量6.7百万t、品位Ni 1.23%、Co 0.07%で、年間Ni 10.5千tを生産していた。本鉱山の所有権を豪州のニッケル企業Albidon社が保有していたが、ニッケル価格低迷により、同社は3月に本鉱山の生産を停止していた。その後、Albidon社を金川集団公司が買収した。金川集団公司は本鉱山を再開発する可能性があり、同公司のトップが既に先月ザンビア政府と接触し、商談を行っている。

ページトップへ