閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル コバルト ニッケル
2009年6月6日 調査部 渡邉美和

中国:杉杉股份有限公司、豪でニッケル・コバルト鉱山開発へ

中国有色金属網は、6月2日、杉杉股份有限公司が、豪州の上場企業Heron社と同社のYerillaニッケル・コバルト鉱山の共同開発協定に署名したと報じた。 協議によれば、両社はJVを設立(杉杉股份有限公司70%、Heron社30%(Yerilla鉱山の全鉱業権を所有))し、年間100万tの鉱石を採掘・選鉱し、ニッケル・コバルト精鉱生産を行う。 今後、中国と豪州における承認を待たねばならないが、12,046,940株のHeronの株式の内、4.99%を購入し、このほか、Heron社が今後発行する株式5%の優先的購入権を杉杉股份有限公司は所有する。  杉杉股份有限公司は、中国内の主要なリチウム電池の原材料生産者でもある。2008年報によれば、Heron社はKalgoorlieニッケル・コバルト鉱山(資源量9.817億t、品位Ni 0.72%)、Yerillaニッケル・コバルト鉱山(同1.353億t品位Ni 0.77%)を所有し、資源量計は金属量ベースでニッケル813万t、コバルト54万tである。

ページトップへ