閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2009年6月8日 ロンドン フレンチ香織

スペイン:Inmet Mining社、Las Crucesで銅カソード生産開始

 Inmet Mining社(本社:Toronto)は、スペイン南部で権益70%を有するLas Cruces銅山開発プロジェクトは、CAPEX 908.4百万US$にて、2009年1月に操業を開始し、6月上旬に最初の銅カソードを出荷した。数か月後には、72千t/年の生産能力にまで増強する計画で、マイライフ15年以上、生産コストは0.48 US$/lbと発表されている。なお、埋蔵鉱量は以下のとおりである。

  重量 ( 百万 t) 銅品位 ( % )
確定鉱石埋蔵量 9.8 6.4
推定鉱石埋蔵量 7.8 6.0
(カットオフ品位 Cu 1%、銅価格は1.10 US$/lbを利用)

 Las Crucesプロジェクトは欧州最大の高品位銅山となる見込みで、当初は2007年初頭より操業開始の予定であった。しかし、付近のGuadalquivir川の水質汚染を検出した環境活動者らの法的訴訟などが原因で、2008年5月には同鉱山の開発が延期された。その後、地方政府当局の規制基準に応じて坑廃水処理システムを改善し、また、尾鉱ダムの水位を低くしたことによって、地方政府からの操業許可が下り、2009年1月にはプロジェクトを再開することとなった。

ページトップへ