閉じる

ニュース・フラッシュ

2009年6月12日 シドニー 増田一夫、土屋春明

豪:OZ Minerals株主は五鉱有色金属株式有限公司(Minmetals)の買収案を承認

2009年6月11日、OZ Minerals(本社:豪Melbourne)は、株主総会を開催し、92%以上の賛成多数でMinmetals(中国五鉱有色金属株式有限公司)の買収提案を承認した。 OZ Mineralsは、同社株主総会開催前の2009年6月9日には、Minmetals以外に2件の資本増強提案を受けたことを明らかにした上で、OZ Mineral役員会は何れの提案もMinmetalsの買収提案には及ばないものとし、Minmetalsの買収提案が最上の選択であることを表明していた。加えて、OZ Mineralsは、同社株主総会開催当日の2009年6月11日には、Minmetalsから買収額を1.8億US$(約15%)を上乗せした総額13.86億US$の提示を受けたことを明らかにしていた。 この株主承認により正式に買収が成立し、OZ Mineralsは債務返済後も約8億A$の現金を手元に保有することになる。一方、MinmetalsはSepon、Gold Grove、Century、Rosebery、Avebury、Dugald River、High Lake、Izok Lake及び他の探査・開発段階にある資産を取得する。Minmetalsは、豪州で全額出資のMinerals and Mining Group Ltd.(“MMG”)社を設立し、買収資産を管理する。

ページトップへ