閉じる

ニュース・フラッシュ

2009年6月15日 メキシコ 小島和浩

メキシコ:Cerro Prieto多金属プロジェクトの操業開始は18~24か月後の予定

 6月9日付け業界紙等によると、Oroco Resource Corp.(本社:Vancouver)は、メキシコ・Sonora州に保有するCerro Prieto多金属(金・銀・亜鉛)プロジェクトの操業開始を18~24か月後に計画していることを明らかにした。同プロジェクトはMagdarena de Kino町の南東約27kmに位置する。同社は既にボ-リング探査のフェーズⅠを終了し、現在捕捉されている金資源量9.3tを31tへと増加させるためのフェーズⅡを2009年10~11月に完了する予定であり、金資源量31t以上を捕捉した場合、同社は、酸化鉱を対象とし年産金量3.1tを目標とした生産計画を立案する。フェーズⅠの探査による資源量評価は下表のとおり。

カテゴリー 資源量(千t) 品 位 含有金属量
Au(g/t) Ag(g/t) Zn(%) Au(t) Ag(t) Zn(千t)
概測資源量 7,450 1.24 12.8 1.04 9.2 95.4 77
予測資源量 140 0.99 11.2 1.98 0.1 1.6 3
合 計 7,590 1.23 12.8 1.05 9.3 97.0 80
ページトップへ