閉じる

ニュース・フラッシュ

2009年6月15日 ジャカルタ 小岩孝二

インドネシア:PT ANTAM、UC Rusalとのボーキサイト開発契約交渉進展せず

 地元紙等によると、PT ANTAM(以下ANTAM)の西Kalimantan州Munggu Pasirボーキサイト開発・アルミナ精錬所建設プロジェクトは、2007年9月にUC Rusal(本社:露Moscow)と共同開発に係る覚書(Heads of Agreement)を両国大統領臨席の下で締結したものの、その後、本契約締結に進展していない。現在FS実施中であるが、このまま本契約締結に至らない場合でもANTAMはプロジェクトを継続し、他の共同開発者を募るとしている。覚書締結時での発表では、初期投資額12~15億US$、アルミナ年産量1.2百万t、権益比率UC Rusal 51%、ANTAM 49%とされている。

ページトップへ