閉じる

ニュース・フラッシュ

2009年6月16日 サンティアゴ 大野克久

チリ:BHP Billiton、チリにおける鉱山拡張計画を2010年に見直しか

 6月8日付け一般紙等によると、BHP Billiton(以下”BHPB”)ベースメタル部門Diego Hernandez社長は、現在のレベルで銅価が継続すれば、BHP Bを含む鉱山企業各社は、金融危機及び銅価低迷で先延ばしされている鉱山拡張計画を見直す状況になるだろうとコメントした。
  なお、BHPBに関しては現在のところEscondida銅山の拡張計画のみ進行中と報じられている。Spence銅山については、2014年から一次硫化鉱のヒープリーチング開始が予定されているが、現在硫化鉱の埋蔵量把握のための探鉱ボーリングと並行的にバクテリアリーチング試験を実施中であり、今のところ実行に関する発表は為されていない。
(参考:ニュース・フラッシュNo.09-18『チリ:Escondida、67.5億US$からなる投資計画再開の見込み。』.(2009年5月13日付)参照)

ページトップへ