閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル マンガン
2009年6月22日 メキシコ 小島和浩

メキシコ:El Boleo多金属プロジェクトでマンガン生産を検討

 Baja Mining Corp.(本社:Vancouver)は、メキシコ・Baja California Sur州に保有するEl Boleo多金属プロジェクトにて、従来型の湿式製錬プロセスにより金属マンガンの生産が可能であるとの見通しを得たと6月16日付け同社HPに発表した。同プロジェクトは、Baja Miningが70%、韓国コンソーシアムが30%の権益を保有するJVプロジェクトで、生産開始後4年間における平均生産量は、銅カソ-ド56千t/年、コバルトカソ-ド1.5千t/年、硫酸亜鉛20千t/年と見込まれているほか、El Boleoは世界で6番目の規模のマンガン鉱床であり、年間約100,000tのマンガン生産が可能である。
 また、6月17日付け業界紙等によると、同プロジェクトのプレFSにマンガン生産が追加される予定である。同プロジェクトでは2012年に銅カソ-ドの生産を開始し、その8か月後にコバルトカソ-ド及び硫酸亜鉛の生産開始を予定している。マンガンの生産を行う場合は、他の3鉱種の生産開始後となる。

ページトップへ