閉じる

ニュース・フラッシュ

2009年6月23日 調査部 渡邉美和

中国:輸出産品の関税を一部改定

 現地報道によると、国務院の審議と承認を経て、2009年7月1日から、輸出産品の関税が一部改定される。
 小麦、大麦、大豆などの穀物、硫酸、鋼線などの鉱業産品の輸出暫定関税が取消しとなる。また、滑石粉、中型・小型の型鋼、ふっ化物の一部、タングステンの一部・モリブリテン・インジウム等の非鉄金属とその中間産品などはわずかながら減税となる。
 また、化学肥料とその原材料についても税率の調整が行われ、黄燐、燐鉱石、合成アンモニア、燐酸、塩化アンモニウム、重過燐酸カルシウム、二元複合肥料などの特別輸出関税が取消しとなる。ただし、黄燐では20%の輸出関税は継続される他、燐、燐鉱石には10~35%の輸出暫定関税が継続され、合成アンモニア、燐酸、塩化アンモニウム、重過燐酸カルシウム、二元複合肥料などの化学肥料(工業用化学肥料を含む)は統一的に輸出暫定関税率を10%とする。
 また、尿素、燐酸第一アンモン、燐酸第二アンモンには閑散期輸出関税の適用が延長される。

ページトップへ