閉じる

ニュース・フラッシュ

2009年6月30日 サンティアゴ 大野克久

チリ:CODELCOが風力発電所建設を計画

 6月24日付け一般紙等によると、6月22日にCODELCO NorteはCONAMA(チリ環境委員会)に対して風力発電所建設計画を提出した。チリ第Ⅱ州Calama市街地近郊に、総額700百万US$で250MW規模の風力発電所建設を計画している(125機の風力発電機で構成)。
 CODELCO Norteよると、本発電所建設によりChuquicamataやRadomiro Tomichなどの操業鉱山の電力を賄うことができ。一般送電網と接続することでチリ北部の電力網が強化できる他、他国に炭素クレジットを販売することも可能となる。
 CODELCOが100%権益を保有し、2008年Q 4から生産を開始しているGabriela Mistral(旧Gaby)鉱山に係る40MW規模の風力発電所建設については、当局の承認済みであり、CODELCOは2009年2月に入札を実施している。

ページトップへ