閉じる

ニュース・フラッシュ

2009年7月14日 サンティアゴ 大野克久

チリ:Escondidaの保守管理契約をABBが獲得

 7月7日付けABB(本社:スイス・Zurich)発表によると、同社は今後5年間にわたるEscondida銅山の保守管理と生産性向上サービス契約を獲得した。
 ABBは、同鉱山内の5つの破砕設備と銅鉱石を選鉱設備まで運搬する全長25kmのベルトコンベア・システムについて、実績ベースの保守管理サービスを提供する。
 これらサービスには保守管理とともに、全工程の作業効率を向上させるための改善プログラムと全生産施設の信頼性向上等に係るサービスも含まれている。
 本契約に基づき、2009年5月1日より87名のABB社員が作業に従事している。

ページトップへ