閉じる

ニュース・フラッシュ

2009年7月14日 サンティアゴ 菱田 元

チリ:Antofagasta社が第Ⅰ州Polloquere 1地域の地熱鉱区を取得

 7月8日付けの地元業界紙等によると、チリ鉱業省は、Antofagasta Minerals社に対し、第Ⅰ州Polloquere 1地域の地熱資源鉱区取得を承認した。鉱業省は2008年1月に面積23,800 haの鉱区の入札を開始していた。
 2年間の鉱区保有期間に、Antofagasta社はその地域の地熱発電システムの概念モデルを開発する。必要となる投資額は約2百万US$で、これには第1年次の既存データ・レビュー(20,900 US$)、第1年次の地表探査(243,570 US$)、第2年次の地表探査(162,380 US$)が含まれる。その他、地化学探査、水理学調査、物理探査にも投資される。
 Antofagasta Minerals社の2009年Q1産銅量は106,900tであった。ロンドンに拠点を持つ親会社Antofagasta plcを通じてLuksicグループが管理経営している。

ページトップへ