閉じる

ニュース・フラッシュ

2009年7月17日 シドニー 増田一夫

豪:Iluka、2009年4~6月四半期 ミネラルサンド生産実績報告

 2009年7月16日、世界最大のジルコン生産者であるIluka Resources Ltd.(本社:豪・Perth、以下、Iluka)は、2009年 豪Q4(4~6月)生産実績報告を発表した。

鉱種 2009年 (4 ~ 6月) 期 前年同四半期比 2009 年 1 ~ 3 月期
ルチル (t) 30,353 -6.9% -8.6%
人工ルチル (t) 101,270 -26.4% 1.8%
イルメナイト (t) 263,316 -7.5% 20.3%
リューコキシン /Hyti(t) 2,710 -35.3% -60.6%
ジルコン (t) 67,493 -30.8% -16.5%
ヘッジ前利益 ( 百万 A$) 123.6 -41.8% 72.9%
ヘッジ後利益 ( 百万 A$) 116.2 -45.7% 219.2%

 報告によれば、需要の落ち込みの激しかった前四半期(豪Q3:2009年1~3月期)と比較すればイルメナイトの生産量や利益は向上しているものの、好景気であった前年豪Q4(2008年4~6月期)と比較した場合は、いずれも大幅減となっている。
 Iluka社は、需要が落ち込んだ前四半期(豪Q3)には2009年の生産計画を下方修正(ジルコンが20%削減の350,000t、ルチルが20%削減の230,000t、人工ルチル生産量が10%削減の400,000t等)するとともに、WA州の操業を縮小しているが、再開の目途は立っていない。
 現在開発中のVIC州Murray Basin プロジェクト・ステージ2(ルチル及びジルコン)は2009年第7~9月期に、SA州Jacinth-Ambrosia プロジェクト(ジルコン)は2010年初旬の生産開始を計画している。 

※表中“リューコキシン/Hyti(Leucoxene/Hyti)”は高品位Ti含有リューコキシンと理解される。リューコキシンはイルメナイト、ルチルの高変質混合鉱物。Hyti70、90、91の三段階(それぞれTiO2下限 70%、90%、91%)に分類されている。
ページトップへ