閉じる

ニュース・フラッシュ

2009年7月21日 サンティアゴ 菱田 元

チリ:El Teniente鉱山でSAGミルのメンテナンス期間を延長

 7月15日付け地元業界紙等によると、CODELCOはチリ第Ⅳ州El Tenienteの坑内採掘において、7月1日より2週間としていたSAGミル第2号機のメンテナンス期間を更に延長した。SAGミル停止は当初計画どおりで、生産に大きな影響は与えていないとCODELCOは声明で述べた。
 El Teniente鉱山では現在拡張工事を実施中で、これにはSAGミルの増強も含まれる。このSAGミル停止により2009年産量は約0.25%生産減となるが、2009年残りの生産でこの減少分をカバーする。

ページトップへ