閉じる

ニュース・フラッシュ

2009年7月21日 シドニー 原田富雄

豪:WA州政府、2009/10年度の探鉱助成プロジェクトを発表

 WA州の鉱山・石油省(Department of Mine and Petroleum)は、2009年4月から開始した探鉱支援策(EIS:The Exploration Incentive Scheme)により、申請のあった160プロジェクトの内、次の11社のプロジェクトに対して探鉱資金の助成を行うことを決定した。
  ・Narnoo NickelプロジェクトA(A1 Minerals社)
  ・Murchisonプロジェクト(Alchemy Resources社)
  ・The Knotプロジェクト(Aurora Resources社)
  ・Corvette Goldプロジェクト(Corvette Resouces社)
  ・Mt Lucky Mnプロジェクト(Crescent Gold社)
  ・Yeneenaプロジェクト(Encounter Resources社)
  ・Burkinプロジェクト(Gunson Resources社)
  ・Jubukプロジェクト(Magnetic Resources社)
  ・Quinns & Yagahongプロジェクト(Silver Swan Group社)
  ・Big Red & The serpentプロジェクト(Teck Australia社)
  ・Azura Copperプロジェクト(Thundelarra Exploration社)
 同省によれば、今回採択が行われたEISによる探鉱助成金の総額は1.5百万A$で、探鉱費の半額を助成するスキームとなっている。今後5年間に亘り、EIS総額は8百万A$が助成される予定であり、次(2010/11)年度には3百万A$が予定されている。
 本件に関し、ジュニアの探鉱、鉱山会社で組織されるAMEC(The Association of Mining & Exploration Companies Inc.)は、前政権が鉱山開発への取組みを怠ってきたため資源州としてのWA州の評判を落としていたが、2008年9月のWA州選挙で勝利した自由党が期待に応えてくれているとして、WA州のこうした姿勢を歓迎している。

ページトップへ