閉じる

ニュース・フラッシュ

2009年7月23日 ロンドン 竹谷正彦

ザンビア:Zhounghui Mining Group(中国)、36億US$のザンビア政府と鉱業投資契約を締結

 各社報道によれば、Zhounghui Mining Group(中国)は、ザンビア政府と7月21日に36億US$の銅探鉱・開発に係る投資契約を締結した。本契約は、2009年から5か年間に36億US$を投資するもの。
 同社では、既に、Lusakaの北350kmのKitweで製錬能力300kt/年の大型銅製錬所建設計画を有しており、ザンビアNorthwestan、Copperbelt両州で銅探査を既に開始している。
 今回のプロジェクトで約32千人、また、製錬所建設により約1千人の雇用が見込まれる。
 なお、ザンビア政府は、Chambishi 経済特区における中国企業の投資に対して、機器の輸入に係る輸入関税(税率25%)、付加価値税(税率16.5%)など各種税を免除している。

ページトップへ