閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル 亜鉛
2009年7月24日 シドニー 増田一夫

豪:Meridian Minerals社、中国からの投資を受け入れ、WA州Lennard Shelf亜鉛・鉛プロジェクトの探鉱へ

 2009年7月22日、Meridian Minerals Ltd.(本社豪Brisbane、以下”Meridian”)は、中国Northwest Mining and Geology Group Co. Ltd. For Nonferrous Metals(Shaanxi Non-ferrous Metal Holding Groupの子会社、以下”NWME”)に対して10.5百万A$分の新株を発行することで合意したことを発表した。
 NWMEからの資金は、Meridian社が2009年4月にLennard Shelf Pty Ltd.社との間で合意したWA州Lennard Shelf亜鉛・鉛プロジェクトの権益獲得の条件となっている探鉱プログラムへ投入される予定である(*)。
 NWMEへの新株発行は、FIRB(外国投資審査委員会)、中国政府及びMeridian社株主の承認と、Lennard Shelf亜鉛・鉛プロジェクトの契約完了が条件となっており、新株発行後は、NWMEはMeridian社の45%株主となる。
 *2009年4月21日、Meridian社はLennard Shelf Pty Ltd.社(Xstrata Zinc 50%及びTeck Cominco Ltd. 50%のJV会社、以下”LSPL”)との間でWA州Lennard Shelf亜鉛・鉛プロジェクトの権益100%を獲得するMOUを締結。Meridian社がLSPL社に対しMeridian社株式の25百万株を発行する他、総計5百万A$の探鉱(毎年2百万A$の探鉱2年間及び1百万A$の経済性評価)を実施する必要がある。更にLSPLはバンカブルFSへの資金拠出または20百万A$の開発資金拠出により権益の51%の買戻しが可能なクローバック契約を有する。Meridian社は現在デューデリジェンスを実施中であり、2009年8月19日までに契約を行使する必要がある。Meridian社は、探鉱プログラムとして20,000m以上のボーリング調査を計画しており、2009年8月中には契約を行使し、探鉱を開始したい考えである。

ページトップへ