閉じる

ニュース・フラッシュ

2009年7月28日 サンティアゴ 菱田 元

チリ:Collahuasiで主要ベルトコンベアの停止事故発生

 7月23日付の地元業界紙によると、チリ第Ⅰ州Collahuasi銅山において、発電機を制御する中央制御システムで事故が発生し、処理プラントに鉱石を運搬する主要ベルトコンベアへの供給電力が一時停止した、と同社スポークスマンが語った。Collahuasi鉱山はこの事故によるダメージと生産への影響について調査中である。
 年産銅量400千tの同山は、Escondida、Chuquicamataに次ぐチリ第3位の銅山で、Anglo AmericanとXstrataが各々44%、日本企業連合が権益を有する。

ページトップへ