閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2009年8月4日 サンティアゴ 大野克久

チリ:Collahuasi鉱山が銅生産量拡大のためEISを環境当局に提出

 7月28日CONAMA(チリ環境委員会)ホームページにCollahuasi鉱山の銅精鉱生産拡張に係るEISが掲載された。
 同EISによると、既存施設及びプロセスの最適化を行うことにより鉱石処理量を126千t/dから170千t/dに拡大させ、銅精鉱(金属量)生産能力を450千t/年から600千t/年に拡張するものである。なお、プロセスの最適化により銅品位0.46~0.64%の鉱石も選鉱処理可能となる。
 本鉱山はXstrata44%、Anglo American44%、三井物産7.43%、日鉱金属3.6%、三井金属0.97%が権益を有し、埋蔵量22億t(Cu品位0.824 %、Mo0.028%)で2008年銅生産量は464.4千t(銅精鉱415千t、銅地金49.4千t)である。

ページトップへ