閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2009年8月4日 サンティアゴ 大野克久

ブラジル:Onça Pumaニッケル鉱山開発プロジェクト開発再開へ

7月29日に発表されたValeの2009年Q2生産実績報告の中で、同社 Fabio Barbosa CFOが世界景気後退に伴い延期されていたOnça Pumaニッケル鉱山開発プロジェクト(Para州)を、遅くとも2010年下期生産開始に向け再開すると発表した。 同CFOによると、2009年Q1と比較して2009年Q2の世界ステンレス生産は20%伸張しており、原料となるフェロニッケルに係る需要増の傾向が認められることからOnça Pumaプロジェクトの開発を促進させるものである。 nOnça Pumaプロジェクトはフェロニッケル年産能力58千tで、当初2010年1月に生産開始予定であった。
因みにWorld Stainless Steel Forumによると、2008年の世界ステンレス生産は25,930千t、2009年Q1のステンレス生産は前年比34.5%減の4,832千tで、内、フェロニッケルを原料とする300系ステンレスの割合は60.5%と報告されている。

ページトップへ