閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2009年8月5日 ジャカルタ 小岩孝二

インドネシア:PT Antam、2009年Q2フェロニッケル生産量は引続き減

 PT Antamは、2009年Q2の生産実績を発表した。生産量は、フェロニッケルが対前四半期比510t(15%)減の2,786t、ニッケル鉱石が同719千t(68%)増の1,777千tとなった。Pomalaa 製錬所3号炉の修繕を5月中旬から開始、運転再開は9月を予定している。炉内の耐火煉瓦の劣化部で金属熔液漏出の兆候が見られたため、当初7月から予定していた修繕を早めた。この修繕で年後半に見込まれるニッケル価格上昇時のフル生産に備える。また、年産12千tの計画に変更はないとしている。2008年以降、四半期毎の生産実績は下表のとおり。

  2008 年 2009 年
Q1 Q2 Q3 Q4 合計 Q1 Q2
FeNi(Ni 純分量 :t) 4,362 4,152 5,512 3,540 17,566 3,296 2,786
Ni 鉱石 2,351,067 1,878,403 1,076,873 1,265,421 6,571,764 1,058,350 1,777,075
High Grade(Ni 品位 2%超 )(wmt) 996,297 1,258,111 815,413 957,699 4,027,520 554,774 913,206
Low grade(Ni 品位 2%以下 )(wmt) 1,354,770 620,292 261,460 307,722 2,544,244 503,576 863,869
金 (kg) 935 577 561 761 2,833 715 644
銀 (kg) 7,633 5,734 5,162 6,820 25,348 6,250 5,544
ボーキサイト (wmt) 181,141 339,286 511,379 120,516 1,152,322 265,971 67,095
ページトップへ