閉じる

ニュース・フラッシュ

2009年8月11日 サンティアゴ 大野克久

チリ・アルゼンチン:Xstrataが2009年Q2の生産実績を発表

 8月4日にXstrataの2009年Q2の生産実績が発表された。発表によると2009年上期の銅生産は対前年同期比5.3%減の656.5千t、金生産は同13.9%減の590.3千toz(18.4t)であった。チリ、アルゼンチンにおける生産実績概要は以下のとおり。

表 Xstrata チリ、アルゼンチン操業実績
単位:銅 千t、金 千toz
  増減理由
2009年
H1
2008年 H1 増減
2009年
H1
2008年
H1
増減
企業全体 656.5 693.1 -5.3 590.3 685.8 -13.9  
チリ Collahuasi 97.4 94.6 3.0 ・鉱石処理量の増加
・実収率の改善
NorthChile
・Lamos Bayas
・Altonorte
141.4 172.2 -17.9 16.6 17.0 -2.4 ・Lamos Bayas鉱山拡張が予定通り終了したが、Altonorte受入精鉱品位低下により生産量減
アルゼンチン Alumbrera 71.3 61.2 16.5 244.1 229.1 6.5 ・高品位鉱採掘及び実収率改善
・2009年下半期は、低品位鉱及び石膏含有鉱石処理計画のため、生産量減少。
チリ、アルゼンチン計 310.1 328 -5.5 260.7 246.1 5.9  
チリ、アルゼンチン計/
企業全体 %
47.2 47.3 -0.2 44.2 35.9 23.1  
ページトップへ