閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2009年8月11日 サンティアゴ 大野克久

ブラジル:Mirabela Nickel(本社Sydney)がブラジルSanta Ritaニッケル鉱山操業を開始

 8月3日付け Mirabela Nickel発表によると、同社がブラジルBahia州に100%権益を保有するSanta Ritaニッケル鉱山が操業開始した。
 Santa Ritaニッケル鉱床は、過去10年間に発見された硫化ニッケル鉱床で最大規模のもので、概測鉱物資源量130百万t(Ni 0.6%:JORC、NI 43-101準拠)で、当初18.5千t/年(Ni量)の規模で操業を開始し、2010年半ばには26千t/年(Ni量)の規模まで拡大する予定。
 本鉱山からは、ニッケル精鉱(Ni 13%、Cu 3.5%、Co 0.22%)で出荷される計画。
 Raw Material Groupによると、2008年のブラジルニッケル生産量は35.6千tでVotorantim Groupが保有するTocantins鉱山(2008年Ni生産量21千t)が最大であるが、本鉱山操業が順調に進捗するとブラジル最大のニッケル鉱山となる。

ページトップへ