閉じる

ニュース・フラッシュ

2009年8月11日 サンティアゴ 大野克久

ブラジル:Lula大統領がValeの政府管轄を検討か

 8月1日付け専門紙によると、São Pauloの雑誌社であるVelaが消息筋の話として、ブラジル Luiz Inacio Lula da Silva大統領がValeを政府管轄にすることを考えていると伝えている。
 同大統領は、ValeのRoger Agnelli CEOが同社の投資計画のために実施した従業員解雇は不当であったとし、ブラジル開発銀行系投資会社であるPreviやBNDES Participacoes SAを通じて同社を政府コントロール下に置く法的手段を検討するよう要請したとのことである。
 2009年4月時点におけるValeの株主構成(全資本)は、Valepar※33.3%、フリーフロート株61.2%(非ブラジル人投資家37.9%、ブラジル人投資家23.3%)、ブラジル連邦政府5.5%という構成である。本件に関し、Valeはコメントを控えている。
 ※Valepar株主構成:
 Litel/Litera(Previ) 58.1%、Bradespar 17.4%、三井物産 15%、BNDESpar 9.5%

ページトップへ