閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2009年8月11日 シドニー 原田富雄

豪:WA州政府、中西部の鉄鉱石開発を支援

 2009年8月3日、WA州のPeter Collierエネルギー大臣は、WA州中西部(Mid-west)の鉄鉱石開発を支援するため、Perthと鉄鉱石の輸出港として今後整備が進められるWA州Oakajee港近郊のEneabbaの間の 330 kV 送電線建設を承認したと発表した。ただし、鉄鉱石開発が有望視される内陸部のGeraldtonまでの延線については、鉄鉱石の開発動向を見てから決定するとしている。建設費用は250百万A$、Geraldtonまでの延線した場合は、その倍の500百万A$と見込んでいる。
 中国のAnshan Iron & Steel Group(鞍山鋼鉄集団公司)と共にKarara鉄鉱石プロジェクト手掛けるGindalbie Metals社は、今回のWA州政府の取組みは、同社の鉄鉱石開発計画の拡張に役立つとして歓迎のコメントを出している。また、電力会社のAviva Co.社は、Eneabba近郊にある石炭火力発電所、及びAES社と協同で建設が進められるCoolimba Power Project(石炭火力400~450MW、天然ガス火力360MW) にとって有益だと述べている。

ページトップへ