閉じる

ニュース・フラッシュ

2009年8月14日 リマ 山内英生

ペルー:韓国、ペルーで鉱物・炭化水素資源確保の方針を表明

 ペルーを訪問した韓国のSang-Deuk Lee議員は、2008年ペルーのAPEC開催後、李明博大統領が韓国政府機関に対してペルーとの経済連携を推進するよう指示したことに言及し、特に鉱業及び炭化水素事業に対する投資に関心があることや、これらの分野への投資を既に実施している旨を表明した。
 その例として、韓国石油公社KNOCがEcopetrol社(コロンビア)と共同でPetro Tech社を買収したほか、SK Energyが建設中の液化天然ガスプラント及びポリエチレン生産プラントによる40億US$の投資計画を挙げ、これらプロジェクトの実施には天然ガス供給が欠かせないとした。
 また、韓国企業は投資によって得た利益を回収するだけでなく、再投資することで利益の多くを循環させるところが他国企業との違いであると強調している。

ページトップへ