閉じる

ニュース・フラッシュ

2009年8月17日 バンクーバー 大野隆幸

加:Kinross社、ブラジルParacatu鉱山のフル操業を目指す

 地元紙によると、Kinross Gold社の社長兼CEOは、ブラジルMinas Gerais州Paracatu鉱山の拡張プラントについて言及し、Paracatu鉱山では、今後3~4か月の間、最適処理能力で稼動するだろうと語った。Paracatu鉱山は、粗鉱年産能力を18百万から60百万tに増やし、産金量を約3倍にする計画で2009年Q1にフル操業を目指していたが、現在のところ未だ達成できていない。

ページトップへ