閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル リチウム
2009年8月25日 サンティアゴ 大野克久

チリ:SQM、2009年H1のリチウム関連の売上高は前年同期比40%減

 8月11日にSociedad Química y Minera de Chile(SQM)より、2009年H1の営業利益は対前年同期比4.3%減の231.9百万US$、純利益は11.1%減の169.4百万US$と公表された。
 うち、リチウム及び関連製品に係る売上高及び生産量は以下のとおりである。

 

2008年H1

2009年H1

2009/2008

増減

売上高 百万US$

88.0

52.5

-35.5

-40.3%

生産量 千t

14.0

9.0

-5.0

-35.7%

  同社によると、2008年及び2009年上期における炭酸リチウム価格は、ほぼ横ばい状態であり、今期の売上高及び生産量の減少は、世界経済低迷に伴いリチウムを使用する殆どの最終製品で需要が低下したことに伴うものとしている。また、ここ数か月間の世界経済の状況は基本的には好転していない。従来のリチウム需要先は景気循環に敏感であり在庫調整の影響を受けている状況で、短期的に不安定な状況が継続するが、中長期的にはHEV(ハイブリッド・カー)へのリチウムイオン電池搭載等により明るい兆しが見え始めていると併せて報告している。
 なお、SQMの2009年H1におけるリチウム及び関連製品の粗利益率は約10%と報告されている。

ページトップへ