閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2009年8月31日 ジャカルタ 小岩孝二

インドネシア:Rio Tinto、La Sampalaニッケル開発プロジェクトに向け現地会社設立を準備

 地元紙等によると、エネルギー鉱物資源省は、Rio Tintoに対し、同社の要請に基づきSulawesi島La Sampalaニッケル開発プロジェクトを実施する現地会社設立に関する文書を発出した。同社は現在 BKPM (投資調整庁)と現地会社設立に向け調整中であり、文書はBKPMとの協議促進のためのものである。La Sampalaプロジェクトは投資額20億US$、ニッケル年産46千tとされ、1999年に中央政府から鉱業許可を受けていたが、スハルト政権崩壊後は新規COW締結が10年にわたって中断し、更には地方政府が鉱区内に他社の鉱業権を認める等のため、旧鉱業法下でのCOW締結に至らなかったものである。新鉱業法下での採掘IUPは期間が20年(延長2回、各10年可能)に限られることとなる。

ページトップへ