閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
タンタル ニオブ レアメタル
2009年9月8日 シドニー 原田富雄

豪:Alkane Resources社、Dubboジルコン・ニオブ・タンタル・レアアース・プロジェクト進捗を発表

 2009年8月20日、Alkane Resources社(本社:WA州Perth)はNSW州中西部で開発中のDubbo プロジェクトの進捗状況を公表した。同プロジェクトのFSは2002年に終了しており、推定35.7百万tの鉱量で、ジルコニウム・ハフニウム・ニオブ・タンタル・イットリウムやレアアースを含み、世界最大級の埋蔵量となっている。
 中国からのレアアース供給が規制化される中、同社は世界需要の7%相当の生産量を確保したい考え。また、同プロジェクトは、年20万tの生産能力に対して400年のマインライフを有しており、中国企業とは関係を有しない独立したプロジェクトであることが世界的にも貴重であると述べている。
 同社は、シドニー郊外にあるANSTO(国立原子力研究機関:Australian Nuclear Science and Technology Organisation)の敷地内に、レアアース抽出・回収・精錬のためのパイロット・プラントを2008年に建設、ジルコン・ニオブの試験生産を始めている。また、イットリウムや他のレアアース回収のフローシートの検討を2009年後半から開始、DFS(Definitive Feasibility Study)を経て、開発判断を2010年半ばには行いたいとしており、早ければ2011年末には商業生産を開始する。
 以下、同社が発表した生産計画を示す。

生産量 20万t/年の
ケース
50万t/年の
ケース
ZBS, ZOH, ZCO 9,000t
(内ZrO2 3,000t)
22,500t
(内ZrO2 7,500t)
Nb-Ta concentrate 1,000t
(内Nb2O5 700t)
22,500t
(内Nb2O5 1,750t)
LREE concentrate 990t 2,475t
YHREE concentrate 301t 753t
ZBS=zirconium basic sulphate, ZOH=zirconium hydroxide, ZCO=zirconium carbonate

(鉱石からの回収率を70%と仮定、単位:t)
元素 レアアース 20万t/年の
ケース
50万t/年の
ケース
Lanthanum La2O3 252 630
Cerium CeO2 475 1,188
Praseodymium Pr6O11 52 131
Neodymium Nd2O3 182 456
Samarium Sm2O3 28 71
軽希土類 小 計 990 2,475
Europium Eu2O3 1 2
Gadolinium Gd2O3 28 69
Terbium Tb4O7 4 11
Dysprosium Dy2O3 26 66
Holmium Ho3O3 5 14
Erbium Er2O3 15 37
Thullium Tm2O3 2 5
Ytterbium Yb2O3 13 32
Lutecium Lu2O3 2 5
Yttrium Y2O3 204 511
Yttrium +
重希土類
小 計 301 753
ページトップへ