閉じる

ニュース・フラッシュ

2009年9月14日 シドニー 増田一夫

豪:Galaxy Resources社は中国Creatグループからの投資を受入

 WA州でMt Cattlinリチウム・タンタル・開発プロジェクトを保有するGalaxy Resources Ltd.(本社:豪Perth、以下、Galaxy)は、2009年8月25日に中国のCreat Group Co Ltd. (本社:北京、以下、Creat) からの投資受入を発表し、2009年9月4日に契約書に署名したことを発表した。
 Creat社は、Galaxy 社株式の19.9%を約29百万A$で獲得するほか、融資として130百万A$を7年間に渡り優遇金利で貸し付け、オフテイク契約は有していない。Galaxy社は、130百万A$をMt Cattlinプロジェクトの開発(68百万A$)、中国江蘇省のリチウム化合物変換工場の建設(50百万A$)及び運転資金(12百万A$)に充てる計画である。
 なお、Galaxy 社は、2009年9月11日にMt Cattlinの埋蔵量の更新を発表している。

  埋蔵量(t) LiO2(%) Ta2O5(ppm)
確定鉱物埋蔵量 2,333,400 1.09 130
推定鉱物埋蔵量 6,949,600 1.02 140
9,283,000 1.04 138
2009年9月11日発表 カットオフLiO2品位0.4%

  資源量(t) LiO2(%) Ta2O5(ppm)
精測鉱物資源量 2,260,000 1.19 143
概測鉱物資源量 7,064,000 1.10 156
予測鉱物資源量 5,044,600 1.01 152
14,368,000 1.08 153
2009年5月11日発表 カットオフLiO2品位0.4%

 Mt Cattlinプロジェクトは、年間1百万tの鉱石処理能力を有し、年間137,000tの品位LiO2 6.0%のスポジュメンを生産する計画で、マインライフは15年、生産開始は2010年10月を予定している。江蘇省のリチウム化合物変換工場では年間17,000tの炭酸リチウムを生産する計画で、既にオフテイクLOIを締結済であり、地元紙によれば、炭酸リチウムの40%を中国国内向けに販売し、残りは主に日本と韓国向けに販売される予定である。

ページトップへ