閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2009年10月5日 バンクーバー 大野隆幸

加:金需要の伸びに対して生産量・埋蔵量は減少

 地元紙等によると、Kinross Gold社(本社:Toronto、以下”Kinross社”)のCEO、Tye Burt氏は、Denverにて開催されたカンファレンスにおいて、「金産業においては、投資家の需要が供給を上回ると共に埋蔵量が減少する危機的状況にあり、価格と産業構造面から見ると我々は、最悪の状況にあるのかもしれない。また、世界的な生産量は、ピークとなった2001年の81百万oz(2,519t)から2008年の77百万oz(2,395t)まで減少しており、この減少傾向は長期に渡ると見ている」と語った。New YorkとLondonの両金市場では、世界的なインフレ傾向となり、米ドル下落による安全資産として金需要が高まっており、金は、ここ18か月間での最高値を記録(COMEXの12月引渡し分で、1,023.30 US$/oz)している。

ページトップへ