閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2009年10月12日 調査部 渡邉美和

中国:河南豫光金鉛公司、粗鉛の年産生産能力48,000tの停止を発表

 10月10日、河南省の河南豫光金鉛股份有限公司の役員会は、同社周辺の児童について、基準値を超えた鉛濃度が検出されたことから、同社の焼結工程ライン上での粗鉛生産を停止すると公表した。同社の電解鉛生産能力は年産30万t、停止ラインの生産能力は4,000t/月(48 千t/年)である。
 8月に生産停止に追い込まれた陝西省鳳翔での児童鉛中毒事件以来、河南省でも環境に関する検査が実施されているが、同社によれば、大気中排出及び排水に関し、基準値を上回る汚染は検出されていない。しかし、所在地周辺での児童鉛中毒が発生したことを受けて、設備の停止に踏み切った模様。また、環境保護検査の積極的な受け入れや、設備改善努力、更に市政府による地域周辺の児童の体内鉛濃度基準超過に対する治療などの措置への協力も表明している。
 停止される焼結ライン停止後、焼結鉱はカナダからの買鉱により補われる予定とのこと。

ページトップへ