閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル リチウム
2009年10月19日 メキシコ 小島和浩

メキシコ:Pietro Sutti社、大規模リチウム鉱床の捕捉を発表

 10月7日付け地元紙等によると、Pietro Sutti S.A. de C.V.(本社:Zacatecas)は、Zacatecas、San Luis Potosiの両州境域において大規模リチウム鉱床を捕捉したと発表した。同社は現社長の祖父が1918年に設立し、メキシコ国内で探鉱活動及び銀採掘を行っている。発表の概要は以下のとおり。
 捕捉された鉱床は、Zacatecas州Villa Gonzáles郡、Villa de Cos郡、Pánifico Natera郡、San Luis Potosi州Salinas郡、Villa de Ramos郡の半砂漠地帯に60,000ha以上に亘って胚胎する。同社は20の鉱業コンセッション(合計面積:36,679ha)を取得済みである。地域によっては地表下10mまで採掘することにより、平均品位Li 600~900g/tの鉱量80百万tが得られるとしており、鉱床全域の資源量を試算するとLi金属量で2.5百万tとしている。2009年10月より約4百万US$の予算で州境部のLaguna Caligueyで本格的な試錐探鉱を開始し、2011年に数千t/日規模のパイロットプラントによる試験操業開始を計画している。豪州、韓国、中国、カナダ等の企業が本プロジェクトへの投資に興味を示している。
 Zacatecas州政府鉱業局(Dirección General de Minas)は、当事務所の問い合わせに対して、「本探鉱プロジェクトは初期段階にあり、本格的な探鉱結果を待つ必要がある」とコメントした。

ページトップへ