閉じる

ニュース・フラッシュ

2009年10月19日 ロンドン 萩原崇弘

英:LME、マイナーメタル公認ブランド登録・需給予測セミナー開催

 10月6日、LME (ロンドン金属取引所)はコバルト先物取引契約の現物引渡し用の初のマイナーメタル公認ブランドとしてカナダVALE INCOの“Vale Inco Electrolytic Cobalt Round”を登録したと発表した。
 LMEは、2010年2月22日からコバルト及び酸化モリブデンの先物取引を開始することになっている。LMEによれば、公認ブランドの登録は、先物取引契約開始に当り、極めて重要な事項であり、今回の登録は産業界が2010年からの取引に積極的に参加しようとする証と考えられ、今後更なる公認ブランドの登録がある見通しとしている。
 なお、10月13日開催のLMEマイナーメタル・セミナーにおいて、今後のコバルト及びモリブデンの需給予測について説明があった。コバルトについては、価格の急落に伴う減産、中国のコバルト精鉱の備蓄が需要量の3か月分に達していることなどから、2009年は若干の供給過剰となるが、新規鉱山の生産状況如何では2010年以降、大幅な供給過剰になると予測している。また、モリブテンについては、需要・供給共に2009年の大幅減から徐々に回復すると予想されることから、需給は2009年以降は若干の供給過剰の状態が続くと予測されている。

ページトップへ