閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2009年10月20日 サンティアゴ 菱田 元

アルゼンチン:Chubut州はPan American社のNavidad銀プロジェクト獲得を楽観視

 10月16日付けの地元紙La Jornadaは、アルゼンチンChubut州政府はNavidad銀・鉛鉱床の所有権がAquiline Resources社(本社:加Toronto)からPan American Silver社(本社:加Vancouver)に移ったことについて楽観的であると報じた。
 Chubut州政府の閣僚Pablo Korn氏は、「Pan American社はChubut州政府が課している経済的、環境的、社会的側面についてのガイドラインに沿って作業を進めるであろう。カナダの鉱山会社はノウハウを蓄積しており、適切な鉱山操業について内外から評価されている」と述べた。
 Chubut州は、Navidad鉱山開発にとって有効な開発方法である露天掘とシアンの使用を禁止している。
 Pan American社役員はアルゼンチン連邦政府とChubut州政府当局の高官と会い、Navidad鉱山が環境及び社会に対して責任を果たしていることが証明できれば、州の鉱業規制に関する法律が変わり得ることを確信していると述べた。
 Navidad鉱山の年産計画はAg 15~20百万oz(466~622t)と鉛である。Pan American社は2009年末を目途に、約626百万C$(608百万US$)でAquiline Resources社を友好的に買収することで合意している。

ページトップへ